どん底から這い上がるブログ

小学校で白血病にかかり、周りから出遅れた「どん底」状態から、人生を上向きにするために色々な努力、ノウハウを実践していくブログです。Twitter運用、美容、サービスレビューなど、雑多に色々と書いていきます。

【厳選】50社以上のベンチャーを受けた私がオススメする就活ツール4選

 

人脈ゼロの状態から、50社以上のベンチャーを受け、100人近い社会人の方にOB・OG訪問をさせてもらいました。

現在は日本女子大・英文学科→新卒ベンチャーというキャリアを歩んでおります。

女子大からベンチャーにいくのは結構大変で、就活はかなり難航しました。その分、これからの就活生(特にベンチャーを目指す女子大生)に向けて何か役に立つ情報を発信したい!と思って書きました。今年、来年に就活を控える学生さんに是非見て頂きたいです。今回は特にベンチャーやコンサルでバリバリ働いている社会人の方に必ず出会えるツールを書きました。他にも情報収集系・インターン系でおすすめしたいツールもあるので、それはまた別記事にて紹介します。

 

 

ツール①Matcher

f:id:saorishinoda1214:20171118201729p:plain

就活時期に一番使っていたOB・OG訪問Webサービスです。

優秀な社会人の方が「◯◯してもらう代わりに、就活相談にのってあげるよ」と、沢山のお願いプランを掲載しています。そのお願いに答えてあげるだけで、丁寧に就活相談にのってもらえるとても分かりやすいサービスです。

一番の魅力は検索機能がとても充実していること。

・職種

・会社

・業種

・大学名

などなど、自分が会いたい社会人を様々な条件から簡単に検索することができます

登録されている社会人の方のバリエーションも豊富で、ベンチャーだけなく商社・コンサルの方も多くいらっしゃいます。

また、相手のお願いを聞いてあげることで、会うことへの心理的ハードルが下がるのもこのサービスの魅力だと思います。

私が学生の時は、「とりあえず自分の考えを壁打ちしたい」というふわっとした状態でわざわざ社会人の人に会ってもらうのは気が引ける・・・と思っていました。

Matcherなら、向こうにも感謝してもらえて自分も嬉しいwin-winの関係になれるので、その後の連絡が続くパターンも多かったですね。

f:id:saorishinoda1214:20171118202341p:plain

面白いプランが沢山あり、思わず全部応募したくなります。社会人からでもプランに応募できたらいいのにな・・・。

 

ツール②茶会人

f:id:saorishinoda1214:20171118220622p:plain

Matcherが登場する前によく使っていたwebサービス

UX的にmatcherより使い難いのは否めないですが、大変お世話になったサービスで、こちらも是非就活生にオススメしたい。

こちらの魅力は

①どんな社会人なのかひと目で分かるプロフィール

②金融・商社・コンサル系が多い

という2点です。

 Matcherとは違い特にお願いを叶えたりする機能はありませんが、「検索する→見つける→連絡する」というシンプルな機能で十分満足できます。Matcherで見つからなかったら、こちらでも探してみるという使い方ができるので、両方併用して使うことをオススメします。

 

 

 

ツール③yenta

f:id:saorishinoda1214:20171118221057j:plain

AIを使ってビジネスマッチングができるアプリであるyentaは、社会人になってからも毎日使っていて大好きなアプリの1つです。登録するときに審査があり、その審査によって無事登録ができれば、毎日レコメンドされる人を「興味あり」「興味なし」とスワイプするだけで自分と合いそうな人だけをレコメンドしてくれるようになります。

f:id:saorishinoda1214:20171118221534j:plain

OB・OG訪問向けのアプリではありませんが、登録できた場合には自分のお気に入りの人と効率よく会えるかなり強力な武器になります。

登録するときに入力した情報が乏しいと、アルゴリズムによって弾かれる可能性があります。登録が出来なかった場合でも、情報を充実させてから再チャレンジしてみて下さい。

 

ツール④Newspicks

f:id:saorishinoda1214:20171118221840j:plain

 言わずと知れた情報収集アプリです。

こちらも、使い方によってはかなり優秀なOB・OG訪問のツールになります。

 

まず検索窓から、自分が気になっている企業名を検索します。

f:id:saorishinoda1214:20171118221958j:plain

 

入力したら、次に「ユーザー」タブをクリック

f:id:saorishinoda1214:20171118222039j:plain

そうすると、自分が気になる企業の人が本名ででてくるようになります。

ここから、Facebookで本名検索をして友達申請・メッセージを送ります。

もちろん、突然何の顔見知りでもなく連絡をとることになるので

・突然のメッセージを送ることへのお詫び

・どうしても会いたい理由/目的

をしっかりと明示して連絡をとるようにしましょう。私の場合、30~40%くらいの確率で返信がきてお会いすることができました☺ 優しい方が世の中には沢山いるんだなぁ...としみじみと実感。他サービスでは会えないような人とも会える可能性が高いので、どうしてもこの企業の人に会いたいのにどうやっても見つからない!という時にオススメの方法です。

 

まとめ

使うハードルとしては、 

Matcher>茶会人>yenta>Newspicks

こんな感じになるかなと個人的に思います。

とりあえずMatcherから始めてみて、自分の考えややりたいことが定まってきたら他のツールで会える人の幅を広げていくのが、私のオススメの使い方です。是非「自分が会いたい社会人の人とつながれない!」と嘆いている人は参考にしてみて下さいね。

それでは!

就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービス